スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

ヘアケア特集 



スポンサードリンク

今日は10月20日何の日か知っていますか?半日すぎましたけど(汗)

頭髪=トーハツの日です。

そこでヘアケア特集を組みました。

ページが重くなるかもしれませんが、

最後まで読まれると、貴方の今夜からのヘアケアに

何かプラスになると思います。

どうぞゆっくりと遊んでいってください。

永久保存版!門外不出!サロン専用のツール公開です









ようこそいらっしゃいました

まずはアンケートから

あなたはいくつ当てはまりますか?

毛先がひっかかる。風が吹いただけで絡んじゃう・・・  Yes  No

最近枝毛が目立ってきた・・・ Yes  No

広がりやすくてスタイルが決まらない
朝、時間がかかって困る    Yes  No

エアコンで乾燥しがちなオフィスにいるせいか
髪がパサつくみたい      Yes  No

毛先がゴワゴワ硬いような気がする    Yes  No

メイク直しの時にふと、ツヤのない髪が気になる  Yes  No

髪に触ったら、毛先がざらついた  Yes  No

ドライヤーやアイロンの熱による
髪のダメージが心配・・・    Yes  No

雨の日、湿度の高い日は、髪がもわっと膨らむ  Yes  No

シャンプーの時髪がキシキシする。
今使っているトリートメント、効いてないみたい  Yes  No

パーマをかけてもアイロンで巻いても
スタイルがもたない          Yes  No

強い日差しを浴びる機会が多いので
髪の毛の日焼けが心配         Yes  No



あなたはいくつ当てはまりました

Yesが0個の方

とてもいい状態です。でも油断は禁物。この美しさをキープしながら、もっと輝かせるためにヘアケアを大切にしてください。

Yesが1~3個の方


髪のつやがなかったり、カラーの持ちが悪くないですか?今より少し髪をいたわってください。美しさを補うためヘアケアを続けましょう。

Yesが4~9個の方

指どうりが悪くないですか?髪のお手入れを見直してみましょう。あなたの髪にぴったりなヘアケアをデザイナーにご相談ください。

Yesが10個以上の方

かなり髪が弱っています。今すぐ集中ケアを始めましょう。プロが行うサロントリートメントとご自宅でのお手入れで、髪本来の美しさを取り戻しましょう。

さて次は具体的にケアの仕方をお伝えします

美しい素材づくりは毎日のお手入れからプロのコツをお教えします。
正しい手入れで、質感が変わり、スタイリングのしやすさが違ってきます
  
髪にやさしく洗うために・・・・シャンプーは泡立ててから洗う

手のひらでシャンプーをなじませてから、頭皮全体(顔回り、トップ、後頭部)に塗布していきます。
その後地肌に空気を含ませるように円を描きながら泡立てます。泡立てるには、シャンプー剤+水+空気が必要です。事前に水分が髪に行き渡っていないと、うまく泡立ちません。よく泡立てておくことで、シャンプー時、髪同士の摩擦でキューティクルを傷めません。

トリートメント効果をさらに高めるために・・・・ヘアーマッサージ(もみ込み)

まず、毛先を絞り水気をきっておくことで、トリートメントが浸透しやすくなります。毛先中心にトリートメントを塗布した後、中間から毛先に向かってよくもみ込みます。キューティクルの向きに逆らいトリートメントを押し込む感じです。


毛先のおさまりをさらによくするために・・・・ブロードライ

キュ-ティクルを整えるように、毛先の向けて指を通しながらドライヤーをかけます。つややかでまとまりやすい毛先に仕上がります。また濡れた状態のキューティクルは、枕や髪同士の摩擦で傷みやすいので、就寝前は必ず髪を乾かしてください。

あなたを、さらに輝かせるケア方法をアドバイスします。

まずは、ご自身でセルフヘアチェック

A 髪質についてどう感じていますか?
  
  太い=3点  普通=2点  細い=1点

B 毛量についてどう思いますか?

  多い=3点  普通=2点  少ない=1点

C 手で触った時、硬さはどのように感じますか?

  硬い=3点  普通=2点  柔らかい=1点

D 毛先の指通りは、どう感じますか?

  すっと通る=5点  広がる=3点  からまる=1点

E 髪の毛に、クセはありますか?

  ある=5点            ある=3点            なし=1点
 (ストレーパーマをしている)  (ストレーパーマをしていない)

A+B+C+D+Eの数字を合計し、下の表と照らし合わせてください。

合計数字で、あなたにあったケアが見つかります。


*5~7点の方には『なめらかケア』 絡みやすさを解決しましょう

*8~10点の方には『おさまりケア』  細かくはねるのを解決しましょう

*11点~13点の方には『まとまりケア』  パサついて広がるのを解決しましょう

*14点~17点の方には『しなやかケア』  うねって広がるのを解決しましょう

18点~19点の方には『やわらかケア』   硬くなっているのを解決しましょう




1 なめらかケアがお勧めのあなた!「毛先が絡みやすい」と感じませんか?

こんな体験ありませんか?・・・・・・・・「風がチョット吹いただけで、毛先が絡まってヘアスタイルが
(細い髪で起こりやすい現象 )    崩れてしまう・・・」

なぜ絡みやすいの?

細い髪にありがちなことですが、髪がとても軽くて柔らかく、ハリがないので風が吹いたりして
髪が重なり合うと戻りにくくなってしまうのです。そんな細い髪が絡んでしまうのは、キューティクル
に原因があります。細い髪は、もともと髪の表面を守るキューティクルが浮きやすいのですが、
浮き上がったキューティクルにより髪同士が引っ掛かり、すべりを悪くして、ほどけにくくするのです。

20051019214355.jpg

資料ミルボン


そんなあなたの髪には
『キューティクルを整える』お手入れをしてください


まとまりやすく、扱いやすい髪を創るために、キューティクルを整えましょう。
浮き上がったキューティクルをくっつけて、すべり感を高めると、
指通りも軽やかでサラサラな髪になります。



2 おさまりケアがおすすめのあなた!
「毛先がハネやすい」と感じませんか?

こうゆう事が起こりませんか・・・・・・・「いい感じにスタイリングできても、時間がたつと、毛先だけピンピン    (普通毛で起こりやすい現象)     ハネてきてデザインが台無しに」

なぜ、ハネてしまうの?

あなたの髪は、きっと細くもなく太くもないと感じているのではないでしょうか?
そんな普通毛は、髪の中がしっかり詰まっていて、ダメージを受けにくくなっています。
でも、ドライヤーで乾かしすぎたり、無理なブラシを入れたりすると、毛先から数センチ間の水分や
タンパク質が抜けてしまい、下の写真のような毛先の表面に隙間ができます。

20051019214423.jpg

資料ミルボン

そんなあなたの髪には
『髪の表面近くのコンディションを整える』お手入れをしてください


髪の表面近くで、水分が不足しています。毛先への水分補給でコンディションを整えて、
毛先までしっかりとおさまりのいい髪にしていきましょう。

                       
3 まとまりケアがおすすめのあなた!「毛先がパサついて広がる」と感じませんか?

こんな悩みはありませんか・・・・・・・・「よけいなボリュームが出て、シルエットが横広がりに
(太い髪で起こりやすい現象)     重たいイメージになるし、頭が大きく見えてイヤだわ」

なぜ、パサついて広がるの?

あなたの髪は、太い方ではないでしょうか?
太い髪は、髪の中の細胞密度が細い髪と比べると少なくて、パーマやカラーでダメージを
受けやすくなっています。髪の内側から水分やタンパク質がたくさん抜け出てしまうので
パサつきをとても感じます。タンパク質がどんどん抜けていくことで、髪の栄養が、失われていってしまうのです。

20051019214436.jpg

資料ミルボン

4 そんなあなたの髪には
『髪の中に栄養を入れる』お手入れをしてください


髪の中の栄養が流れ出している状態です。
まずタンパク質を補いましょう。タンパク質など、髪の栄養を補給していくことで、髪が補修され、
潤いまとまるスタイルが続きます。



4 しなやかケアがおすすめのあなた!「毛先がうねって広がる」と感じませんか?

こんな風に嘆いていませんか・・・・・・・「もともとスタイリングしにくい髪だけど、最近さらに
(くせ毛で起こりやすい現象)      ゴワゴワしてきてお手上げです・・・」

なぜ、うねって広がるの?

くせ毛は、輪切りにすると真円ではなく、潰れたような形をしています。
だから、もともとザラついた手触りがするのです。
しかも、くせ毛はダメージを受けると、タンパク質だけではなく、脂質まで抜けてしまいます。
脂質が抜けると、髪の水分バランスが崩れ、湿度の高い日には、髪が湿気を吸って膨らみ
晴れた日は激しく乾燥してパサっと広がってしまうのです。

20051019214405.jpg

資料ミルボン

そんなあなたの髪には
『髪の水分を整える』お手入れをしてください。


髪の中から水分と脂質とが流れ出している状態です。髪の水分バランスを整えるということは、
水分と脂質がしっかりそろている状態です。脂質がない状態で水分を入れても、髪の中に溜め込む
ことができません。水分バランスを整えて、毛先のしなやかさ、扱いやすい髪にしていきましょう。


5 やわらかケアがおすすめのあなた!">   硬くなっているのを解決しましょう

「毛先が硬くなっている」と感じていませんか?

こういう事、思い当たりませんか・・・・・・・「お気に入りのストレートスタイル。でもなんだか
(縮毛矯正で起こりやすい現象)      髪が硬くなってきたみたい」


なぜ、硬くなってしまうの?

縮毛矯正のアイロンなどで髪に高熱を与えた時、注意をしてお手入れをしないと、毛先が硬くなってしまいます
それは、高熱が髪の内部まで伝わることで、熱特有のダメージを受けるからです。
熱作用により、髪の深部にある「水の通り道(CMC)]を崩してしまい、水が通らなくなることで、髪の中から
水分がなくなってしまい、硬さを感じるのです。

milbon.jpg

資料ミルボン

そんなあなたの髪には
『髪の深部まで水分を溜める』お手入れをしてください。


やわらかさを取り戻すには「水の通り道」に水分を流してあげることです。
しかし「水の通り道」は非常に細いので、髪の深部まで補修成分がたっぷり浸透する工夫がされた
ヘアケアが必要です。水分と脂質を補って、髪の芯までやわらかくしましょう。

ここまでお疲れ様でした。
貴方にあったヘアケアが見つかったでしょうか?

まだよくわからないって方もいらっしゃるかもしれませんが、
大抵の方は当てはまると思います。

どうぞ、今夜からのヘアケアに、又明日からのスタイリングに、お役立てください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ポッチットお願します
人気blogランキングへ



スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/57-cc244389

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。