スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

おせち料理 



スポンサードリンク

お正月も二日目になると、おせち料理も蒸したり煮なおしたりと手を加えなければならなくなります。今では冷蔵庫で保存することが出来るようになりましたが、江戸時代や明治時代などは保存方法がないため、冬だといっても、すぐに火を通すなどして手を加えなければなりませんでした。

おせち料理の材料は、たくさんありますが、その家族の好みに合わせて作るのが一番良いと言えます。黒豆や栗きんとん、それにたたき牛蒡に酢レンコンなど料理が決まったら、後は作る順序も考えに入れて作ります。一番日持ちのするものから作り始めて、冷蔵庫に保存します。

昔も今もおせち料理のお重は四重であるのが基本です。そして、それぞれ一の重から詰めるものが決まっているようです。場所によってもさまざまな説がありますが、一の重は三つ肴といって、祝いの肴を入れます。関東では黒豆、数の子、ごまめで関西ではごまめが牛蒡に変わります。

おせち料理は、もはや今では作る時代から買う時代へと変化してきました。それは、量や種類の問題もありますが、一つに女性が忙しくなってきたからと言えます。現代は働く女性が増えてきました。専業主婦の人はだんだん少なくなっています。おせち料理をのどかに作れる時間がなくなってきたとも言えます。


RSS関連リンク
series06 自作の「器」で食卓をコーディネートするという贅沢。入門篇 ...
これにおせち料理を盛りつけて、塗りのお重とは趣向を変えるのもいいですね。わが家の場合、子供の友達のご家族や教室の生徒さんたちが集まって、ホームパーティをすることが多いのですが、10人前くらいの大きな土鍋が活躍します。 ...

スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。