スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

患者数1000万人? 危ないドライアイ  



スポンサードリンク

 涙(涙液)の不足で目の表面が傷つくドライアイが最近よく言われています。

約1000万人が悩まされているという現代病だそうで、

とくに今年の夏は猛暑による過度のエアコン使用でドライアイの症状が強くなる人も多いそうです。

さらに、パソコンの画面や携帯電話のディスプレーを見つめ続けているのもドライアイの原因になります。

目を酷使することの多い現代人にとって、ドライアイは身近な症状でもありますね。

残暑もそろそろ終わり。夏バテ回復と同時に、目の元気もとりもどそう。

ということで、

ドライアイ特集

■急増する現代病

 目の表面は、まばたきによって常に涙が送り込まれることで、潤いを保ち、乾燥を防いでいる。ところが、何らかの原因で涙の量が減ったり、質が変わるなどして、涙が目の表面に十分行き渡らないと、「目が疲れる」「目がショボショボする」「目が乾く」といった不快感が生まれる。これがドライアイだ。

 京都府立医科大の横井則彦准教授らの研究では、IT機器を使う会社員の3割、コンタクトレンズをつけている人では4割にドライアイが見られ、『疑い』を含めると実に4人に3人がドライアイという調査結果もある。推定患者数は1000万人以上といわれ、目を酷使する状況が多い現代社会で急増している、まさに現代病。

■エアコンや過度のストレス危険

 なぜ、目は乾くのか。「まず、まばたきの作用が重要です」と横井准教授。安静時には1分間に平均15~20回のまばたきをするが、読書時は10回、パソコンやテレビゲームを長時間続けていたりすると、その数は5~6回と大幅に減る。この結果、「涙腺から分泌される涙の蒸発量がどんどん多くなり、目の表面もどんどん乾燥していってしまうのです」(横井准教授)。

 さらに、涙の蒸発を加速させる大きな要因となるのがエアコン。今夏のような猛暑では、エアコンの風にあたる時間も長くなりがちだ。東京都港区の三井メディカルクリニックの三井石根院長によると、「高温多湿の日本の夏は、適度な外気の湿度が目を乾燥から守ってくれていた。しかし、エアコンが普及して低温・低湿の環境下では、目も乾きやすくなる。ドライアイ対策にはエアコンの風が直接当たらないように工夫して」とアドバイスする。

 このほか、過度なストレスによって交感神経が緊張している状態でも、涙の分泌量が減ったり、まばたきの回数が減ってしまう。

■気づかず進行

 男性の場合、単なる眼精疲労だと思ってドライアイに気付いていない人も多いとか。横井准教授は「目の表面が乾いた状態だと角膜は傷付きやすくなり、視力の低下など、さまざまなトラブルのもとになる。日常的に乾燥感があり、目の痛み、まぶしい、かすむなどの症状が現われたら要注意です」という。

 ドライアイの原因と治療方法はさまざま。まずは専門医を受診しよう。

               ◇

【ドライアイにならないための日常の工夫】
 
 ★エアコンの風が目に直接当たらないようにする。
 ★パソコンの画面は目より下にする。
 ★パソコン作業を1時間したら、15分くらい目を休める。作業中は意識的にまばたきをする。
 ★目が疲れたら温める。
 ★乾燥した部屋には加湿器や濡れたタオルを置く工夫をする。
 ★目薬を効果的に使う。

               ◇

【涙の質とドライアイ】

 最近の研究では、涙の「量」だけでなく「質」もドライアイに関係していることがわかってきた。

 そもそも涙は、上から順に油層、水層、ムチン層の3層構造になっている。いちばん表面にある油層は、上下のまつ毛の内側にあるマイボーム腺から分泌されていて、涙を目の表面に均等に広げ、涙の水分の蒸発を防ぐ働きがある。

 ところが、このマイボーム腺の出口がつまると油の分泌が減って、目の表面を均等にカバーできなくなり、涙の水分が蒸発しやすくなってドライアイの要因となるという。

 横井准教授によれば、「油の出口が詰まる異常(マイボーム腺機能不全)は、ホルモンと大きく関わっていて、多くの年代で、男性に比べて女性の方が油の分泌が少ないのですが、更年期以降ではさらに少なくなるといわれています」。

               ◇

【目の不調がすっきりする“目のエステ”】

 東京・表参道にある「三井メディカルクリニック表参道サロン 庵・ふうが」で行っている「ネトラバスティ」は、インドの伝統医学アーユルヴェーダ療法を取り入れた“目のエステ”。

 同サロンの三井石根院長によると「温熱効果による眼精疲労の緩和とともに、自律神経のバランスを整えるので、ストレス軽減にも有効」。さらに、目の周囲のハリを戻す効果も期待できるとか。痛みはなく、終了後は白目もクリアになる。

 目、耳のマッサージを行った後、目の周りに強力粉を水で練ったもので土手を作り(写真)、38~42度のギー(バターから不純物を除去した純粋なオイル)をゆっくり流し込む。

 オイルには、ドライアイに効果のあるヒルアロン酸が入っており、気になる症状別に目薬を追加することができる。目を開き、オイルが浸透するように、眼球を上下左右に動かす。所要時間30分程度で料金は基本コースが3000円。

               ◇

【コンタクトレンズは高機能化】

 ドライアイに悩む人の増加を背景に、高機能レンズが続々と登場している。

 例えば、チバビジョンが開発した「O2 オプティクス」は、高い酸素透過性を確保するために開発された新素材「シリコーンハイドロゲル」を採用。従来の同社製品に比べ約6倍もの高い酸素透過率と低い含水率を実現。独自のレンズ表面加工(プラズマコーティング)により、レンズが涙になじみやすく、目の乾きも軽減する。

 横井准教授は、目の乾燥が気になる人のコンタクトレンズ選びのポイントは「(1)含水率が低いもの(2)酸素透過性が高いもの(3)材質はたんぱく質などの汚れがつきにくい非イオン性のもの。必ず、眼科医による検査を受けること。間違ったコンタクトレンズを選ぶと、ドライアイの症状が強くなることがある」という。



izaニュースより引用




スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/458-07f4ffdb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。