スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

花火の歴史 



スポンサードリンク



花火大会などで、毎年多くの人を魅了している花火――花火には、結構長い歴史があります。


花火の主な材料は黒色火薬。これは「中国の四大発明」の一つで、唐の時代には既に存在していたらしいことが文書に残されています。花火自体の起源については諸説ありますが、こちらも中国が発祥の地であることは確かなようです。


花火はその後ヨーロッパに伝わり(13世紀以降)、盛んに生産されるようになりました。特に打上げ花火などの観賞用花火は、イタリアのフィレンツェに始まったとされています。イギリスの花火に関しては、ヘンデルの「王宮の花火の音楽」(1748年)からも、その文化的な影響を窺い知ることができます。


大航海時代(15世紀中期~17世紀中期)になると、ヨーロッパの花火が世界中に広まりました。花火が日本に伝わったのも16世紀の鉄砲の伝来以降で、江戸時代に入ってその技術は急速に発達し、現在に至っています。



RSS関連リンク
花火大会の夕方
田舎の花火大会は人通りも少なくて安全そう。 自動車で通っただけで、花火は見ませんでした。

ちょっとセレブな花火の見方
Colore Couleur(コローレ・クルール)事務所は. すぐ上が屋上になっています。 そこから花火が見えたりします。 特に神宮の花火がいい感じです。。 仕事のあとに. ほろ酔い気分で花火鑑賞. 誰にも干渉されないところが、いい感じ。 ...

花火比較
左は10本400円日本製、右は30本60円中国製。 線香花火 んー!?いつ以来でしょう? 手の火薬の匂い。 懐かしい〓


スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/406-87b58297

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。