スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

医療保険の話し 



スポンサードリンク

2004年における死亡原因のトップはがんで、31.6%、3人に一人ががんで死ぬ時代、がんに対応するためのがん保険は強い味方になります。がん保険は、がんになった場合に受けられる保障が手厚いのが特徴です。またがんに特化しているため、料金も他の医療保険に比べて安くなる傾向にあります。

がん保険の特徴はいくつもあります。保険会社によって違いますが、がんとわかった早い段階で一時給付金がでます。支払い限度日数が設けられていない(つまり無制限の)ため、がんで入院した場合は常に入院日数分の給付金が受け取れます。長期入院や、入退院を繰り返す場合でもきちんと給付金が得られます。

がん保険を検討する上で、注意しなければならないことがいくつかあります。会社によって、各種の給付金の金額や条件が大きくことなります。また一度でもがんと診断されたことがある人は入ることができません。保険に入ってから3ヶ月以内にがんが発見した場合は無効となります。

がん保険を選ぶ方法としては、次のことを確認してください。がんと診断されただけで、給付金は支払われるか? 初期ガンや上皮内新生物が保険適用されるかどうか? 退院後、退院一時金、通院給付金、その他の給付金など保障内容は? 入院時の日額給付金はいくらか? それぞれの詳細をきちんと調べましょう。


RSS関連リンク
ムアッ~~(x_x;)
アメリカは医療保険に入ってないと. 処方箋出してもらうにも約1万円. 相部屋で入院すると一日数十万円. 自腹!! ヽ((◎д◎ ))ゝなんとっ. 当然. 払えない人は. 「お金ないんで. 2本切れた指を1本だけ元に戻してください!」 (ノ◇≦。) ...

スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。