スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

魚の目とは 



スポンサードリンク

魚の目(うおのめ)とは、足の裏や足の指にできることが多く、皮膚の角質の一部が厚くなって、皮膚の深いところまで進入し、硬い芯ができてしまうものです。見た目が魚の目のように見えることから、魚の目の名前がつけられました。魚の目ができると、歩く度に厚く硬化した角質が神経に障り、痛みを伴います。魚の目の正式な名称は「鶏眼(けいがん)」といいます。

魚の目ができる原因を見てみましょう。体の特定のところに毎日、継続して圧力や衝撃などの刺激が加えられると、体の防御反応として皮膚が角質化します。そして、角質化した中央部分に芯ができて、皮膚の深いところへと入り込んでいきます。特定の場所に過度な圧力、衝撃が加わる原因は、1.自分の足にフィットしていない靴を履いていて足が絶えず刺激を受けている、2.歩き方にくせがあり、足の内側または外側に過度な体重がかかっている、3.高いヒールの靴を履いていて、足の前部に体重の負担が過度にかかっている、などがあげられます。

魚の目のいろんな治療法を紹介します。まず、自然療法です。この方法では、できるだけ魚の目には直接触らないようにし、魚の目の部分に刺激を与えないようにします。あまり痛みがひどくなければ、患部に市販の保護パッドを貼っておくと、靴による圧迫や摩擦を防いでくれます。軽い魚の目であれば、しばらく貼っておくと自然に治っていきます。次は、薬を使って魚の目を治療する方法です。薬局や通販で売っている薬に、スピール膏など、塗るだけで患部を軟化させるものがあります。しかし、無理して芯を取ろうとしてはいけません。芯が軟らかくなり、痛みも無く、魚の目が簡単に取れるようになるまで、薬を使い続けることが大事です。もし、魚の目が進行していて、歩くのが困難なほど痛みが激しいときは、まず病院へ行きましょう。魚の目を完全に治療するには、皮膚の中にくいこんでいる芯のところまで除去することが必要です。

魚の目でやってはいけないことは、カッターナイフやカミソリなどで、自分で魚の目の部分を削ってしまうことです。魚の目が気になって削りたくなる気持ちは理解できますが、絶対にやってはいけません。これをやると、消毒が不十分なために患部からバイ菌が入り、足やリンパ節が炎症を起こす場合があります。また、魚の目を削ったり刺激を与えることで、体の防御反応により皮膚は、さらに硬くなってしまい、かえって逆効果となります。魚の目をこじらせないためにも、皮膚科の診察を受けることをオススメします。


RSS関連リンク
魚の目(うおのめ)・たこ治療病院・皮膚科(大阪)
魚の目(うおのめ)・たこ治療病院・皮膚科(大阪) 皮膚科での魚の目(うおのめ)・たこ治療を受けることをおすすめします。 ○三嶋医院 内科 外科 皮フ科 泌尿器科 TEL 06-6709-6761 〒547-0024 大阪府大阪市平野区瓜破2丁目3-35 ...

魚の目・たこ治療 皮膚科病院(東京)
病院・療養所、胃腸科、外科、循環器科、心臓血管外科、整形外科、内科、人間ドック、脳神経外科、皮膚科、婦人科、放射線科、リハビリテーション科 魚の目 たこ 治療 イボ いぼ うおのめ タコ ○品川イーストワンスキンクリニック ...

魚の目
魚の目って、、。このことかな。 魚の目できちゃってみたいなんです。 魚の目がサンダルにすれて痛いんですよね。 魚の目ってイボコロリで治るのかな。TVコマーシャルで魚の目、タコにイボコロリってやっていたよね。 でも、これって本当に魚の目なの ...

スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。