スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

ヘアカラーの話 



スポンサードリンク

日本人はみんな同じ黒髪ですか 人によっては茶色っぽく見える髪。どうして?

 昔の人は髪のきれいな人をほめるとき「緑の黒髪」「烏の濡羽色(ぬればいろ)」なんて、表現していました。

黒髪の光沢はみずみずしくつややかだとか、カラスの羽のように黒いという意味です。でも実際は、日本人の髪は濃い赤褐色(赤みのブラウン)なのです。髪の色はどうやって決まるのでしょうか

髪にはメラニン色素があります。黒髪に多い赤褐色の「ユウメラニン」と、明るい髪色に多い「フェオメラニン」の2種類があります。

日本人はこの「ユウメラニン」の占める割合が多いので、黒っぽく見えるんです。反対に欧米のブロンドなどは「フェオメラニン」が多いんです。

2つのメラニンの比率で、髪の色と明るさが違ってきます。"日本人は黒髪"というわけではなく、黒髪からブロンドまで、幅広い髪の色になる可能性を持っているんですね。

髪は黒いのに色が見えるのはなぜ

カラーリングをすると、色々な色に染まりますよね。考えてみると不思議なんだけど・・・・・

ヘアカラーって、白いキャンバス透明な絵の具をむるような感覚。
黄色と青色を重ねると緑色になるように色と色を重ねることで新しい色が生まれるのです。つまり、ペンキのように重ねた色で下の色がかくれると言うわけではありません。

じゃあ、黒い髪になぜ色がつくのでしょう?下の色が隠せないのなら、いくらカラーリングをしても黒色のままじゃない?
なんて疑問の声が聞こえそう。

この疑問は正解です。黒い地のキャンパスに、いくら絵の具の色を重ねても黒いままです。そこでキャンパスを色が見えるように明るくする必要があります。これがブリーチの役目なんです。

ヘアカラーの色をいろとして見せるために、ベースとなる髪色を明るくする。
そして明るくなったベースにどうカラーを加えれば希望の色になるか・・・

この引き算、足し算が出来るのがプロの美容師なんです。今は専門のヘアカラーリストもたくさん生まれてきています。


ポッチットね
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/29-0611c335

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。