スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

-親が変われば、子どもも変わる-   



スポンサードリンク

まず、親が自分を受け止めることから
自分の長所や短所、いいところ、足りない所などを、「あるがままに受け止めて」みま しょう。


「受容」と言います。私の長所は、欠点はと紙に書き上げてみるのもいいですね。できるだけ、客観的にと意識しながら、「あるがまま」を書き留めましょう。

自分の気持ちや感情の動きを、正直に自分で受け止めることが大切です。

自分の短所や欠点を、他人から指摘されると気分がいいですか?喜びを感じますか?

逆ですね。気分を害することはあっても、決して楽しくはありませんね。

子どもも同じです。親から短所や欠点を指摘されると、気分を害します。マイナスの気持ち、感情を抱きます。これが繰り返されると、親に対して反感を抱くようになります。子ども自身が、そんな自分を嫌いになります。決していい結果を生みません。


あるがままの子どもを受け入れる
子どもの短所や欠点が目につきます。気になります。ややもすると、人間は他人の欠点を批判し、責めたくなります。しかし、自分にも子どもと同じように、長所や強みもあれば、短所や欠点、弱みもあるのです。
親があるがままの自分自身を受け入れることができれば、同じように、あるがまま の子どもを、その長所や短所、欠点もすべてを受け入れることができるようになります。


あなたは自分を大切に思いますか?そうですね。誰でもが一番大事なのは、自分なのです。大人に限らず、子どもでも同じことです。人間なら誰でもそうです。子どもも人間です。大切なのは、子どもを「独立した人間」であると認めることです。


子どもの長所や強み、いいところに目を向けるように、努めてみましょう。かなりの努力が必要でしょう。時にはじっと堪えることも必要です。しかし、それを乗り越えなければ、親としての学習を積み重ねることはできません。


長所も短所も併せ持つのが、人間
親も子どもも、同じ人間です。いいところも足りないところもあります。お互いに「無限の可能性を秘めた」存在なのです。親がそう受け入れられるようになれば、子どもの気持ちや感情の動きを、気にかけることができます。


子どもは今、何をどう感じているか、どんな気持ちを味わっているかを考えてみましょう。

子どもの立場に立って、見たり、考えたり、感じたりしてみましょう。
親にとっては大変な努力が必要です。でも、やりがいのある大きな仕事です。やがて、子どもが感じるのと同じように、親も感じることができるようになります。「共感」と言います。これだけで、「親子の人間関係」は必ず変わってきます。


子どもは間違いなく、親の変化を敏感に感じ取ります。親に対する子どもの態度や行動に、変化が見られるようになるでしょう。子どもは、親を手本として見習うからです。

「子どもは3つの方法で学ぶ。1に手本。2に手本。そして3にも・・・」
子どもを変えようとして、親が「ああしなさい」「こうしなさい」「ああしてはダメ」「こうしては ダメ」と、外から無理に力を加えるのではなく、親が変われば、子どもも変わるのです。
逆の言い方をすると、親が変わらなければ、子どもが変わるはずがない。ということです。


親として子どもとどう関わるかに焦点を当てる
もうすでに、気づかれた方もおられるでしょう。これまでは、「子育て」というと、親が子どもを何とかしよう、大人が子どもに対して何かする、と考えられてきました。ややもすると、外圧を加えて子どもを変えようとしてきました。


子どもの問題行動(親の目から見て)が見られると、 問題児として扱います。そして、子どもの問題行動の真の原因を見いだそうとはしません。その問題行動を何とか押さえ込もうと、罰を持ち出します。
問題行動の真の原因は、いつも闇の中です。 なぜなら、親が子どもの心の声に、耳を傾けようとはしないからです。子どもの気持ちや感情の動きには、無関心、無頓着です。


コミュニケーションは、常に親、教師から子どもへの一方通行です。そして、常に自分の優位性をベースにしたものです。上下の人間関係、縦社会の人間関係です。そうです。問題は親や教師、大人の側にあるのです。


親として、子どもとどう関わるか、親が その方法を知らないために、多くの悲劇が起こっています。

なぜなら、親の無知によるからです。
しかし、ここでは違いますね。大人が、親や教師が自分を見つめ直すことからスタートします。


大人が子どもに対してではなく、大人が子どもに、どのように接していくか、どう関わっていくかという、大人のあり方や姿勢、心構えを見直そうというものです。子どもを変えようと意図しない、大人の姿勢です。


親のちょっとした姿勢の変化を、子どもは敏感に感じ取ります。子どもは自分で考えるようになります。自分の判断や選択、意志決定を、じっと見守り支えてくれ、励ましてくれる、そんな親がほしいのです。
やがて子どもは、自分の力を信じるようになります。そんな自分を、子どもは好きになります。


気分良く毎日を過ごせるようになります。親子の人間関係が変わるのです。
親が変われば、子どもも変わるのです。

提供
==============================================
SMART BOX ・・・起業家のために お役立ち情報をご紹介
http://affiliateblog03.livedoor.biz/?blog_id=4481

スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/271-e7a18b64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。