スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

インフルエンザの予防接種ってどうなの 



スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種ってどうなの

毎年やってくるくる

インフルエンザ

僕は一切予防接種はしません!


しかし・・・

怖いですね~

そこで少し調べてみました。

早めの予防を・・・



インフルエンザの予防接種は,
なぜ毎年しなければならないのでしょうか?

インフルエンザウイルスの遺伝子が変化しやすく、
92%くらい遺伝子が変化してしまうと、
以前にかかったときの免疫が効かなくなってしまうようです。
予防接種を受ける事によって
インフルエンザにかからなくするか、
症状を軽減することができるようです。



インフルエンザの予防接種は,
2回受けなければいけないのでしょうか?

成人の場合、
1回接種だと予防効果が64%、2回接種だと94%とされているそうです。
2回接種した方が予防効果は高まりますが,
逆に言うと2回接種しても6%の人は
インフルエンザにかかってしまうということのようです。

成人の場合,今までに何度かインフルエンザにかかっているので、
多少の免疫力を持っています。
そのため、
今年の流行株の予防接種を1回やって免疫力を補強すれば、
64%は予防できるようです。


流行するインフルエンザウイルスは年ごとに変化するので、
2回接種の方が予防効果は確実のようです。

12歳以下の子供は、インフルエンザに対する免疫力が少ない可能性が高く、
2回受けることが必要のようです。



予防接種を1回しか受けないのは意味がないのでしょうか?

2回受けるのはより強い抵抗力を付けるためです。
1回接種でも抵抗力はある程度付くようです。

受けない場合と比べれば、
たとえ1回でも受けておいた方がよいようです。


成人の場合、
1回接種の予防効果は64%ですが、
インフルエンザに罹患したときの死亡予防効果は
1回接種でも80%であると言われています.



インフルエンザの予防接種で
トリインフルエンザも予防できるのでしょうか?

残念ながら,100%予防することは出来ないようです。
しかし,高病原性トリインフルエンザウイルスH5N1は、
A型インフルエンザウイルスの一種ですので、
感染しても症状を軽減し死亡率を下げることが出来ると言われているそうです。



インフルエンザの予防接種の副作用はどのくらいあるのでしょうか?

インフルエンザのワクチンは、
卵の卵白や卵黄そのものを使って製造されるわけではないそうです。

卵が発育すると出来てくる尿膜腔というところで、
インフルエンザウイルスを増殖させます。
そこから得られるウイルスをエーテルで処理し、
副反応の原因と考えられる脂質成分を除去、
更にホルマリンで不活化(病原性をなくすこと)したのが
インフルエンザワクチンです。

ところが、卵由来の成分が微量でも残存していたり、
ワクチンに安定剤としてゼラチンを用いているインフルエンザのワクチンは
アレルギー反応を起こすことが多く、
発熱や神経系の副作用を起こすことがあったようです。


最近のインフルエンザのワクチンは高純度に精製されているので、
卵由来の成分がほとんどなく、アレルギー反応を起こすことは稀で、
発熱や神経系の副作用もほとんどみられないようです。


記事提供は

http://super777rich.blog29.fc2.com/

スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/264-a63f8573

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。