スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

これってほんと? 



スポンサードリンク

ある人はいいました


いじめられて苦しんでいる君は、けっして一人ぼっちじゃないんだよ。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、きょうだい、学校の先生、
学校や近所の友達、だれにでもいいから、はずかしがらず、一人でくるしまず、
いじめられていることを話すゆうきをもとう。話せば楽になるからね。
きっとみんなが助けてくれる。


これってほんと?



ウソではありませんが・・・


優しい言葉ですが、これで人の心は動くでしょうか?

わかってないよな~

お役人さん(笑)



大事な部分が抜けてますよ


て感じてます。



人は、本当は一人ですよ!


なぜって


世の中に決まっている事があるとすれば、

それは、一人で生まれて、一人で死んでいく事だと思うのです。

まあ、そこに行くまでは、色々な人の力が必要なんですが・・・


何でも「自力」が最初です。


そして最後は「自力」がなくなるときに「死」を迎えると思うのです。


さて、「あなたは一人ではない」ですが、

あなたは一人です!まずはこのことを、教えないといけないのでは?


あなたは、世界の60億あまりの中でもたった一人の個性を持った「人」として

命を授かったのです。

誰も真似が出来ない、あなただけの人生が目の前に展開されていきますよ。


「あなただけの人生」

これって、意味のないことだと思いますか?

独り善がりですか?

無駄な事ですか?

ダメな人間ができることですか?


すごくたくましくないですか?


強くないですか?


誰の力も借りずに生きていく事を、「自我として」目覚め始める頃

「あなたは、一人じゃないですよ」「皆がいるよ」は確かに大切な表現ですが

根っこの部分は「一人」と言う孤独感や恐怖感を、感じる事です。

そして、そこから抜け出す時に、「周りの優しさが」わかってくるのです。



「いじめ」はその部分が、幼少期の時から体感していないから、知らず知らずに
やってしまうのでしょう。


あなた達は、



多くの人たちと、今から出会っていきます、自分にとって素敵だと思う人、

嫌だと思う人、すべては、あなたが生きていく時に、すばらしい経験として

蓄積されて行くでしょう。


でも、できることなら、いい思いで、人と接していければいいのですが、

わたしたち「大人」が育ってきた時代背景と少し違った部分も、多くあるけど

あなたの時代は、多くの人たちが手を取り合ってやっていく時代です。

古く昔から、このことは変わっていません。



しかし、世界中から戦争がなくならないうちは、きっといじめもなくならないで
しょう

そんなもんです。


大人が手本です。


だから・・・


さめた子供達に、きれいな言葉をかけても


「ばかじゃね~の」て思われるのがオチです。



真剣に、接していかないと、彼らは僕らを見てくれないのです。



一人で生きて一人で死んでいく

でも、友達もいたほうがいいし、両親への感謝も大事です。


まずは「一人」

その部分をはずすから、「日本人」は横並びが気になる人種になってしまうので
す。


違うかな?


「思いやりをもとう」

いい言葉です。


しかし、友達が今手を切って血を流していても、その痛みは、今現在自分にはわ
かりません。

さめた言葉ですが、そんなもんです。

でも、言葉や、行動には出ることが出来ます。


「大丈夫」?「ハンカチで血を止めたり」・・・

態度や言葉で表すのが、思いやりでしょうか?


僕は、本当の思いやりは、ぞっとするような思いを感じる事だと思います。

鳥肌が立つような、いやな感じです。

恐怖です・・・


それを感じる感性を養っていかないと、大人になって、表面的な「態度」でしか
生きていけなくなると思います。


どうやって、そのような「感性」が育つのでしょう?



はっきり言って、わかりません。(笑)




ただはっきりいえるのは、そんな感性を持った、大人に触れる事です。

ときには「熱く」時には「冷静に」とでも言いましょうか、


「親力」と言う本が、あるようですが、(僕は読んでいません)

親がそんな感性があればいいのでしょう。


なければ・・・・


ある部分


他人に任せなさい。


しかし、一緒に成長する気持ちが「親」にないと子供は絶対に「成長」していき
ません。キッパリ!!


他人に任せるのは、親も一緒にその中に飛び込まないと、子供との一体感は生ま
れてきません。



「一人じゃない」


でも「一人です」

何度も言います

「一人です」そして「自力」です。

そこから、親や他人が出てきます。

そのたくましさが、多くの力を引き寄せてきます。


最初から、多くの中で生きていくことしか、ないと思うからおかしくなるのです



まずは、自分!




それを、自分で認めない限り、本当の思いやりも、強さも出てこないでしょう。

そう思うことは自分勝手ではないのです。


でも、もしそれで、心の葛藤が出てきたのなら、あなたは、すでに「思いやりを
」持つ

ことを、体感し始めていると思います。



「孤独感」は多くの人の中でしか感じる事が出来ません。

そんなもんです。

無人島で生まれてずっと一人だったら、寂しさなんて感じません。

これは、何を意味するのでしょう。


これ以上書くとめちゃくちゃ長くなるのでやめときます。


スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

感想です

つくづく、一人であることをしっかり認識することが大事なんだな、と思わせていただきました。

自分っていう存在を大事にするってことだと思いました。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/257-c14ba05e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。