スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

メルマガにこんな事を・・・ 



スポンサードリンク



今晩は。片山です。

いつもメルマガ読んでいただきありがとうございます。



今日はまったく違った内容で話します。

髪の話は一切ありません。


僕の本音トークです。

美容師ではなく、一人のオッサンのぼやきとして聞いてください。



最近いやなニュースがテレビから流れてきます。

皆さんはどんな気持ちですか?

僕はもうテレビのニュースを聞くのがいやになってきています。

でも、逃げることもできないのでとてもつらい気持ちで、見いているのですが

このメルマガの読者はおそらく幅広いと思っています。

下は10代から上は50代まで男女をとはず1300人ぐらいの方が読んでいると思います。

僕がどうのこうの言っても、変わらないかもしれませんが、どうしても話したいことがあります。


なぜ子供が自殺に走るのか・・・



それは、僕が思うのにその「親」が楽しく生きていない。

それと、「命」という話をしていない。

「いじめ」が表面化していますが、子供同士の世界には古く昔からありました。

こんなことを書くと、腹がたつひともいるでしょう。





しかし、いい子いい子ではまともな子供にも育ちません。


学校の先生も、優等生だった自分の子供時期とは違った世界が目の前に広がるのに

サラリーマン化した先生ではとても太刀打ちができていません。


原因は、すべて「親」にあるといっても過言ではないでしょう。


僕は、地元の中学校で役員を何年もやりました。PTA会長もやりましたが

「熱い」思いの親の下で育っている子供は、やはりたくましく育っていきます。

そして、何かに打ち込んでいる親の姿を見て子供は、何かを感じて大きくなっています。


「義務教育」は親が子供に教育を受けさせる義務があって、子供は教育を受ける

権利があるのです。

学校の先生には、ハッキリ言って何も義務はありません。

子供の成長のお手伝いです。

だから、中学校までは「親」の責任のほうが大です。


あれが悪いこれが悪いといえば、聞こえがいいですが、実はそんなことを言う

子供や、大人にまともな人はいません。


なんでこんなことが、まかりと通る世の中になってしまったのでしょうか?


「命」の大切さも知らないから、というか、真剣に「親が」話していないから

又、幼少期に、真剣に怖い思いを経験していないから、さらに、団体行動で

何かをやらかした子供を、真剣に怒るまたは叱る場面に多く遭遇していないから

そして、気持ちが引き裂かれそうなときに、迷ったときに、親もおろおろしていないから

たまらない気持ちを、ぶつける場面に遭遇していないから、


安全といい言葉に、「安心」といい言葉に、すべて他人任せにしていたから


書いていくと、いっぱい出てきます。




僕にも3人の子供がいます。

彼らが小さいとき「世の中で一番大事なもの」について話したこともあります。

命についてです。


僕の考える命です。

とっても大切なことだと思うのです。

自分の分身である子供に対して自分で「命」について自分の言葉で
話しました。


子供のうちは、話しやすいのです。

又、僕は少年野球を10年以上教えています。

「体罰」けっこうします。

ゲンコツをよく入れます。約束を守れない子供には、真剣に怒ります。

もう切れています。

ぶち殴ってやる!って感じです。

でもゲンコツです。手も痛いです。
本当は良くないのでしょう。


しかし、子供達は、その後抱きついてじゃれてきます。


田舎の子供だからではなく、子供はどこも一緒です。

環境こそ違っても、ただの子供です。


違うのは、「親」です。

ハッキリ言います「親」です。



世界中には悪い親より、いい親のほうが絶対に多いはずです。

子供が「自殺」したから悪い親だといっているのではありません。

僕にも年頃の子供がいますから、えらそうな事はいえないのですが、

ただハッキリいえるのは、


大人が生き生きしていないと、それは、子供達に出てくるということです。

家では、お母さんやお父さんが暗いと家の中は暗いでしょう。


学校では、心から仕事をうれしそうにしていない先生に、難しい年頃の子供は

そっぽを向くでしょう。


大人が、自分の人生の詐欺師になっている以上、子供達も詐欺師の道を

歩くのかもしれません。



このメルマガは、髪の毛の話が中心なのですが、あえて自分の気持ちを

ぶつけてみました。


解除されてもかまいません。

気を悪くされた方もいらしたでしょう。


汚い言葉の多く使いました。


大人を批判したような表現も多々あります。


どうか「親ばか」はいいと思うのですが、「バカ親」にはならないでください。

そして、中学生や高校生または思い悩んでいる人、「死ぬ」なんて考えないでください。

「死」は何も解決しません。

残された人たちは、一生解決されることのない問題と向き合って生きていかないといけません。


「不幸」という言葉を、周りの人にばら撒く行為を「自殺」と書いて「不幸」と呼びます


生きてください、命ある限り!

学校がいやなら、親に、ハッキリ言いなさい。

いいですか!勉強しなくても、自分で何かをしたいと思ったときには、十分生きてていけます。

学歴なんて問題外です。


世の中の仕組みはすべて正しくはありません。


まだまだ知らないことが99.99999999%以上あります。


生きていないと、何も知ることも与えることもできません。



「なぜ生まれてきたのか」


それは、人の役に立つためです。


自分のためではありません。


なぜ生きているのか。生きているのではありません。

生かされているのです。

その証拠に心臓は、自分の意識ではとめることができません。


生きて生きて生き抜いてください。


大人も一緒です。


人は、オギャーと生まれたら死にまっしぐらに突っ込んでいきます。

毎日死んで行っています。



むやみに悩んでいたって、そうなんです。



どうせそうなら、どうせそうなら、



ジーっとまつ方がいいですか?それとも・・・・



少し長くなりました。



片山、何考えとるんかって言われてもかまいませんけど、

何か感じていただけたらしあわせます。




次回をお楽しみに


スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/256-f24afbe8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。