スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

家でのヘアケアってどんなものがいいんですか 



スポンサードリンク

ドラッグストアーやコンビニって、新商品や定番商品が手軽に買えて便利ですよね。
ヘアケア商品もたくさんあって何が自分にいいやらわかりません。って良く聞きます。

市販のヘアケア商品も最近はとてもよくなってはきていると思います。

でも美容室で扱っている商品は、少しねらいが違います。
特にシャンプーは、活性剤・洗浄成分が違います。

市販のシャンプーは、泡立ち多くて、洗浄力も強く、コンディショニング成分をたっぷり配合しています。指どうりが良くて洗いやすいですが、すすぎが悪いと髪に残り、かゆみや汚れの原因になることもあります。過敏な方は接触性皮膚炎までに進行したりします。
対して美容室で扱うものは、アミノ酸系や両性ベタイン系といった、

低刺激の洗浄成分でつくられることが多く、髪にやさしいけれど、きっちり洗い上げます。
又、pHコントロール、褪色防止、アミノ酸やたんぱく質の補給効果など、
カラーやパーマを美しく保つための役割があります。私は髪が本当に弱っている人には、強制的に商品を勧めることがあります。

それはこれ以上ほっとくとヘアーデザインが楽しめない状態の方たちです。
多くの方はそこまで行ってはいませんが、毎日あなたの髪をチェックすることができないだけに、良質のシャンプーやヘアケア剤を使って欲しいといつも思っています。


   
 トリートメントにコンディショナー、リンス。何が違うの? 

 この区別ってわからない人多いと思います。いずれも髪の調子を整えるものなんですが、
イメージとして、トリートメントが一番しっとりして、次がコンディショナー、そしてリンスという順番。

質感が軽くなると思っている方が多いですね・・・正しくは、作用の違いといえます。
それぞれの役割について・・・まずは、リンス。髪の表面のキューティクルを整え、すべりや滑らかさを与えます。

次にコンデショナーですが、ひと言でいうとトリートメント効果のあるリンスです。髪の内部と表面の両方に作用します。アミノ酸やオイル分などのうるおい成分が多く含まれるので、髪のサプリメントになります。トリートメントと言う言葉には「治療する」という意味があるので、
傷んだ部分にはよくもみこんであげてください。それぞれの特徴がわかると、
ダメージの状態などに応じて使い分けることができると思います。

ちなみに市販などでシャンプーとリンスがペアーで売っているような商品は
必ずペアーで使って下さい。リンスを使わずトリートメントを使うと髪の状態は逆に悪くなることが多いです。
これはシャンプーでアルカリに傾いたpHがトリートメントではきちんと
弱酸性に戻らないために起こる現象です。心当たりがある方、すぐにでも確かめてください。

たくさんの種類があってわかりにくいと思いますが、コツがわかれば簡単になります。 

スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

先生こんな良い話し、始めに教えててよ!!って感じです。今髪が凄く傷んでるので、ちょっとお高いけど、美容院のシャンプーとコンディショナー使ってます。

SONさんすいませーん

わたし口下手ですからー(笑)

髪の毛は必ず回復しますよ。

がんばってください。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/23-e3ed7047

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。