スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

全国高校野球選手権がはじまりますね 



スポンサードリンク

全国高校野球選手権が6日から始まりますね~

とっても楽しみなんですが、

最近は高校野球のレベルもあがっていて、

非常にパワフルです。



子供達の技術もさることながら、やはり精神力の強さが

あの場所では、絶対的な力になります。




甲子園の独特の雰囲気の中でエラーをするなというのは

野球を長くやっている僕には非常に厳しい言葉だと思います。



エラーをして当たり前の場所です。

そのくらい、緊張する雰囲気でしょう。





スタンドから見てて感じられますから、中でプレーをする選手は

すごいと言うしかありません。



今年は、どの高校が頂点に立つのでしょうか?

豪腕田中君のいる駒大苫小牧高校でしょうか?

春夏連覇を狙う横浜高校でしょうか?


沖縄代表の八重山高校も力があります。
長崎代表の清峰も一気に全国区になってきました

色々楽しみなチームがいますよね。


1980年代強かったPL学園の名監督の中村順二元監督は

「球道即人生」

という言葉を、選手に説いていました。

そこには、チームのために自分は何をしたらいいのかということを

常に考えられる、チームつくりをしていたのでしょう。

そこに、チーム打撃やバント、内野の打球への外野手のカバーといったほんとに基本的なことを、


徹底的に鍛えた結果、本人達の持っている

能力が、花開き、後に多くのプロ野球選手を育てています。

彼らが胸に手を当てるしぐさを、良くしています。



あれは、練習通りできますようにとか、結果が出たらありがとうございました。



又次もプレーが出来ますようにとか、という純粋な気持ちから出てきたしぐさなんだそうです。



OBで有名な清原選手は、高校時代甲子園でヒットを打った相手選手に「ナイスバッティグ」と言って、一塁ベース上でたたえていたと言います。



そんな選手はあまりいないですよね。

だからあの当時PL学園めちゃくちゃ強かったですね。(笑)

ほとんどノンプロでした。




どんなにすごい選手でも、所詮は高校生です。

しかし、そんな高校生が、ものすごくプレッシャーのかかる場所で、

自分の力を出そうとする、甲子園という晴れ舞台は彼らにとっては

自分の能力以上の体験が待っている場所だと思います。

だから、最後に残っていくチームは、基本がしっかりした

ピンチに動じない、逆境を跳ね返す、そんなドラマを、繰り広げた

チームが残っていくのです。


しっかりとした基礎技術とチームを思う心、そして周りの人たちへの感謝
そして、自分の夢の実現

そんな強い精神力が、自分の能力をさらに上の領域に引っぱり上げるのでしょう。
見ていて、そう感じます。

普通ならできることが、あの場所では、簡単に出来ません。

簡単なゴロも、送球も、いつもなら打てるボールも、何かちがって見えると思います。

だから、ワンプレーワンプレー、一瞬たりとも気がぬけないのです。


練習でした事しか、試合では出来ません。

それも、ちょっとだけ・・・


テレビでは、伝わらないのが

彼らのプレー一つ一つが、どれだけすごい事なのかだと思います。




今年も、球史に残る名勝負を見たいものです


スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/193-3fbe6070

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。