スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

ピカソにみる生き様 



スポンサードリンク

まずはポチットお願します人気blogランキングへ


なぜかピカソの話の続き


ピカソは作風がめまぐるしく変化した画家として有名です。

それぞれの時期が「○○の時代」と呼ばれ、親しまれています。

圧倒的に自分の内面を画風に表しているので、よく色彩心理などで

使われたりします。

「ゴッホ」なんかも良く内面が現れている画家だと思いますが・・・

今日はピカソで





主なものはつぎの6つの時代がありました。


親友カサヘマスの自殺にショックを受け、青く暗い色調で軽業師、アルルカン、売春婦、乞食、芸術家などを描いた「青の時代」(1901-1904)。
ちょっとくらい風潮の絵がたくさんあります


フェルナンド・オリヴィエという恋人を得て、明るい色調でサーカスの芸人などを描いた「バラ色の時代」(1904-1907)。
もうこの時代はよほど幸せだったのでしょう。ピンクを良く使っています。


アフリカ彫刻の影響を強く受けた「アフリカ彫刻の時代」(1907-1908)。
ブラックと二人でキュビズムを突き詰めていった「分析的キュビズムの時代」(1909-1912)。
この頃から、画風一気に変わります。


コラージュ技法を発明した「総合的キュビズムの時代」(1912-1918)。


古典的でかつ量感のある母子像を描いた「新古典主義の時代」(1918-1925)。


guernica1937pradomadryt3bx.jpg



有名な「ゲルニカ」は、こんな時代の後の第二次世界大戦の中描かれています。

そして晩年、すべての画風を一まとめにしたような、絵を書き始め

亡くなる5年ぐらい前の

1968年、彼は347点におよぶエロティックな銅版画を制作しています。


多くの批評家がこれを「不能老人のポルノ幻想」、または「時代遅れの画家のとるにたらぬ絵」とみなしました。


長い間支持者の友人さえ、

「狂った老人の支離滅裂な落書き」と評しました。

時間がたってみると、晩年のピカソは、後の新表現主義を先取りしていたことに多くの人が、気づかされました。


ピカソは死ぬまで、時代を先取りする画家であり続けたのでしょう。

そして、老いても生きることのエネルギーを、自分から絵にぶつけていたのでしょう。


すべての経験を、1つの事に表せる感性!

ピカソの場合、絵だったのでしょう。


と、僕が解説しても始まりませんが・・・


さて、多くのみなさんは、このピカソに何か生きるヒントは

感じられるでしょうか?


何か1つの事に打ち込む事により、自分の姿が浮き彫りになる

そしてそれが、多くの人に影響を与えるようになる。


それは、たとえ身近な友達や、たった一人の恋人でもいいと思うのです。


良いも悪いも自分の生き様は、自分で決めていいのですよ


最近色の話が多いな~(笑)





スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/173-602b523b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。