スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

毎日が夢のよう? 



スポンサードリンク

まずはポチットお願します人気blogランキングへ



ちょっと泣けちゃいます。


◎「ルンルンななちゃんの宇宙」(メールメッセージ集)より


「みんなと一緒に学校に行きたいな~」

「お父さんとお母さんとおいしいラーメンがたべたいな~」

「お寿司が食べたいな~」

「自分の家でゆっくりしたいな~」

「お外で遊びたいな~」

「大人になりたいな~」

「髪の毛が生えてきてほしいな~」

「普通の生活がしたいな~」

「元気になりたいな~」

「早くお母さん、お父さんを安心させてあげたいな~」

「まだ死にたくないな~」




これ限られた命の時間を生きている

小児ガンの病室の子供たちのしたいこと、

いつか、どうしても叶えたいと思っている夢だそうです。


ちょっと泣けてきます。



そしてこの本の中ではこんな事もかかれています。




息子である宗一郎が入院していたときのお話を
少しさせてくださいね。

彼が入院していた病院はガン専門の病院でした。

その小児病棟は、もちろんみんなガンを患っている
子ばかりでした。

治る子はほんの一握りです。

ほとんどの子供は1年~2年で光の天使になってしまいます。

みなさん!!!!
自分のかわいい我が子が苦しい治療をしても死んでしまう
という悲しみがわかりますか?

目の前にいる、このかわいい子を抱けなくなるという
悲しみがわかりますか?


昼間の小児病棟は、とても明るくワイワイと賑やかです。  

どうしてだと思いますか?  

残された命は短いんだから、せめて一緒にいるときは楽しく素敵な
思い出を作ろうと、それぞれのお母さんやお父さんが自分の深い悲しみを
ぐっとこらえて、明るく楽しくお子さんたちと接しておられるんです。


そして子供たちが寝静まるころには、あちらこちらの病室から
押し殺したようにみなさんの泣き声、慟哭が聞こえてきました。

「こんなに辛い思いをさせてごめんね・・・」
「痛かったよね、苦しかったよね・・・」
「もっと丈夫な体に生んであげられなくて、本当にごめんね・・・」


みなさんがみなさん、夜は涙を流し、昼は笑顔を絶やさずに毎日過ごされていました。

小児ガンの子供たちは、ものすごい優しい子が多いんです。
そして人を思いやる気持ちも大人以上でした。
きっと悲しみ苦しんでいるお母さんたちのことを気遣っているんだと思いました。

その子供たちは

「ぼく、大人になれるかな~」
「わたし、大人になって看護婦さんになりたいな~」
「ぼく、いつまで生きられるんだろう・・・」
「わたし、死にたくない」


そうなんです。

彼らの夢が大人になることなんです!!!


ほとんどの子供たちは、わたしたちが当たり前に思っている大人になる
こともなく亡くなってゆくんです。



大人でいられるって、すごいことなんですよ。


もっともっとしあわせに生きてゆこうじゃないですか!!


もっともっと明るく生きてゆこうじゃないですか!!


もっともっと楽しく生きてゆこうじゃないですか!!


もっともっと笑って生きてゆこうじゃないですか!!



どうよ

子供達に恥ずかしくないように、生きようぜ!!









↓ここまで送ってください。
あなたが感じた、経験した元気の出る話・言葉 エピソード 大募集


スポンサーサイト

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://kamiyui.blog21.fc2.com/tb.php/153-8385456a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。