スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

ゲルマニウム・げるまにゅうむ 



スポンサードリンク

最近ゲルマニウムが注目されています。


ゲルマニウムとは、金属と非金属の中間に位置する半導体のことをいいます。


マイナスイオンや遠赤外線を放出する特徴やデトリックス効果があるがあるからです。

このゲルマニウムから発するマイナスイオンが生体電流の乱れによる肩こりや疲れ、冷えなどを整え、血液や神経の伝達を活発にする効果があると云われていますよ


またこのゲルマニウムには、体内に大量の酸素を作り出す働きもあるので、デトリックス効果があるということです。


ちょっとわかりにくいですね~


酸素は血液と一緒に全身に栄養を運び、老廃物を回収する働きをしています。


この酸素が足りなくなると身体への栄養の供給が妨げられ、老廃物も回収できずにたまってしまうのです。


その結果、血管内が酸欠状態になると内皮を傷つけ、悪玉コレステロールの増加や動脈硬化の促進につながり、老化を早めることになってしまいます。酸素が増えれば、デトリックス効果があるということです。


この酸素を増やす方法に、ゲルマニウム温浴というものがあります。42~45℃の有機ゲルマニウムを溶かしたお湯に手足を浸し、20分ほど温めるというものです。


身体の3分の2の末梢神経が集中する手足を温めると、皮膚呼吸によりゲルマニウムが全身に行き渡ります。


ゲルマニウムが発するマイナスイオンと遠赤外線によって身体が芯から温まり、短時間で大量の汗をかくことができるのです。。


この汗は皮脂腺から出る汗なので、体内の余分な脂肪、老廃物、有害な毒素を体外へ運び出してくれるのです。


このように新陳代謝が活性化され事で自然治癒力も高まり、身体の各器官の機能も正常になり体調も整い、もちろん血液の酸欠状態も改善されるのですね。



このゲルマニウム温浴は専用のゲルマニウム温浴機が完備された施設で行うことが多いですが、最近では、自宅の浴槽で手軽にゲルマニウム温浴ができるボールタイプの商品なども出てきていますよ。


ゲルマニウム温浴は、たった20分で、エアロビクスを2時間行った場合と同じカロリーを消費できるので、ダイエットにもおすすめです。



でもいいからといって長時間行うのはかえって逆効果になりますよ。
20分以上の温浴はのぼせ状態になり、身体を疲れさせる原因になるからです。


何でもやりすぎはいけません。


ほどほどにね!!

スポンサーサイト
見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

「他人になる」最終章 



スポンサードリンク

いよいよこのシリーズの最終回(早!)

最初に

・言いたいことを、他人に上手に伝えられない
・すぐに言葉に詰まってしまう
・人前に立つと、とたんにドキドキする
・他人の目や反応が気になる
・特技も取り柄もない自分が嫌いだ


なんて質問にいつでも「イエス」のあった人には

何かヒントがあるかもしれません、と言いました

その、話の最終回です。

一字一字心をこめて、書きました。

人の言葉も借りました(笑)

何かに役立つと、本望です。
                BY だんな



人のまねをする、いやな人のまねをする

自分でない、自分を表現する

役者という立場からの見聞を話してきました。

一般の職業には関係ない話だったかもしれません。

しかし、調べていくうちに、これは、一般の人こそ

実行したほうが、役に立つと思いました。

尾形イッセイの演出家の森田さんの言葉一つ一つが

「個人」や「個性」を大切にする、今の時代強烈に心に響くかも?



さて、少し
ワークショップの中味を、僕なりにまとめてみました。



演劇に対して、まったくの素人が集うワークショップ内での講義の内容です



「どうして、あの人はこんな歩き方をするんだろう、とそれぞれ疑問に思ったよね。理解して欲しいのは、その人にとってはそれが自然な歩き方だということ。『他人の自然は、自分にとっては不自然である』ということ」



 「逆も言えます。自分が当たり前だと思っていること、無意識でいることは、他人が見ると、とてもヘンに映る。それぐらい、人というのは違っている。大きな違いじゃないから、言われないと、気にしないものだけど。歩き方ひとつとっても、これぐらい人というのはユニークだったりする。僕は、これがむしろ『個性』だと思うんだよね」



 舞台に立つにためには「自分を表現しなければ」と思いがちです。そして「自分には、表現するに値するものがあるのだろうか?」と不安になる。参加者のほとんどが、意気込みと気弱さを胸に秘めていたことでしょう。「4日間」という期間限定の稽古で森田さんがリードしていったのは「自分を表現する」ことではなく、「自分の中に眠っている他人になる、他人を見つけだす」ということでした。



参加者はなかなか呑み込めなかったようです。



 「他人になる」稽古の狙いは何か。参加者がなかなか理解できずにいたとき、森田さんはこんな話をしていています。



 「恋愛にたとえると、分かりいいんだけど。それまでまるで何でもなかったのに、『いい女(男)だなぁ』と意識したとたんにギコチなくなる。なんでもない一言でさえ、言えなくなる。そんな体験があるでしょう」



 「まったく興味のない相手だと、意識せずに親切にするものだから、気のない相手から好感をもたれたりする。そういうこともある」



 「誰でも、さらっと言えたらいいのになぁと思うのに、なかなかそうならない。これは何なのか? このワークショップでの稽古は、如何にさらっと言えるようになるかのコツを掴むことでもある」



 ワークショップでの稽古は、自分という檻から「自分」を解き放つトレーニングでもある、と森田さんは言います。そして、半ば冗談っぽく、「ワークショップでこのコツを掴むと、エステに行ったり高い化粧をしたりしなくても、自分を変えることができる、と僕は思っているんだけどね」とも。




考えていなかったことを語りだす


 「他人になる」ことは、日常生活や仕事の場でも、十分に活かすことができそうです。上がり性の人は、「自分」に視線が集まっていると思うからこそ緊張する。そんな自意識の呪縛がほどけていく。人に話すときに、他人の話題から入るというのは、遠回りに見えて、有効に自分を印象付けるコツです。



 しかも、「自分」のことではないから、スラスラとしゃべることができる。


 「なぜか、わからないけど、人間ってそういうものなんだよな」と森田さんは断言します。



 稽古は何も特別なことをするわけではありません。記憶の底に眠らせたままの「イヤだなぁと思った人」のことを思い出す。その人のことを思い浮かべ、その人の口調でしゃべっていくと、参加者それぞれに、びっくりするくらい話題が広がっていきました。変わったことを言うわけでもないのに、笑いが起こるのです。


素敵な空間ですね!



あるインタビューワーの話を聞いた事がありますが、インタビューの仕事の、ダイナミックな瞬間は、話し手がすでに整理済みのことを話すのではなく、答えを探しはじめたときです。「対話」には、話すことによって、アイデアが生まれる面白さが潜んでいます。意識してこなかったことが呼び起こされる。ひらめく。脳が活性化すると言っていました。




 ふだんは忘れていた「他人」ですが、口調を真似てしゃべっているうちに、どんどんその人が乗り移ったかのように自由自在にしゃべりだす。頭の片隅でその人のことを気にして見ていたというのが伝わってきますと説明していました。


ん~こんな体験はなかなかできそうもないですよね~


 つまらない、人に話しても意味がない。そう思い込んでいる「日常」が、実はとても豊かで、聞く人の心を開かせるものだとわかってくるのが、この「他人になる」稽古をしってわかりましたよ。と参加した方は言っています。

最後に森田さんの言葉を紹介します。


 「自分を表現しよう」と思うな。自分の中に眠っている他人を掘り起こせ。


このシリーズはこれで終了です。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

 



スポンサードリンク

もしあなたが「嫌な上司を真似てください」

といわれたら、普通しませんよね。


では、もしそれが、仕事だったら?

仕方なく、しないといけませんよね。


でも、普通の仕事なら、そんなに真似る必要もないかもしれません。

真似るのは、自分の好きな人・・・



実は、僕も経験があるのですが、自分のいやな人を

真似たほうが、結構自分の為になる事があります。


どうしてなんでしょう?


きっと、自分にはない反対のものが身につくからかもしれません。



「自分の事を話しても」人はあまり興味をもたない。と言いました

それと一緒で、自分の好きなものばかり、真似ても

ある時期までいいけど、その先は、あまり見えてこない。



役者はそれではいけないから、もっと演じる事に他人になろうとする。


それが、他人になる事、それには「観察する事」


「見ること」だと、森田さんは言います。


背中を丸めて、うつむき加減に、さっさっと早足の男性。

背中をピンと伸ばし、下あごと首のラインが直角の女性。

 どこに特徴があるのか。「気づいたことをあげてみて」

とワークショップでは、生徒に伝えていきます。


「嫌な人だけど真似ないといけないシチュエーション」が、たとえ

イメージの世界でも、自分を変えていくことになっていくような気がします。





見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

ブレイクタイム 



スポンサードリンク

面白いものを見つけたので

今日は遊んでください。

あなたの若さがわかるかも(笑)

何度かやると要領がわかります。

いんちきなしですよ!

では、どうぞ!!




見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

他人のことを話す 



スポンサードリンク

自己紹介って結構やると思いますが、これが意外と伝わらない。

僕もいろんなところで自己紹介やってきたけど、

やっぱりインパクトがないとだめみたいです。

普通

「知らない人の集まりで自己紹介をするのは、社会では『礼儀正しい人』になリますよね。だけど、考えてもみて下さい。


そういう自己紹介というのは、

『じゃ、5人前の人がしゃべったことで、覚えていること答えてみて』

と尋ねたら、どれだけの人が覚えているでしょうか?


皆さんは大人だからつまらない話でも聞くフリはする。

でも、ほとんど耳に入っていない。

とくに自分の順番の前は、自分が話すことで頭はいっぱいになっている。

じゃ、人が聞いてくれるのはどんな話かというと、先が読めないときだと思います。

こんなおかしな友人がいて、という話は予測がまったくつかない。

だから、耳を傾ける。

人が興味をもつのは、何だか分からないものに対してだということを理解して

おいてくださいね。

だからといって「悪口は」良くないですよ(笑)


なんていっても、それがどうなのよ


実はですね、意外とこのコツを知らない人が多いのです。

大体

「あたし(オレ)ってさぁ……」としゃべればしゃべるほど、

周りは退屈に思っている。そういう場面って、日常ありがちです。

恋する相手なら別でしょうが、

基本的に他人の「自分」に興味はなく、反面、わが身のことは聞いてほしい

知ってほしい。

めちゃくちゃ矛盾していますよね。


他人に話を聞いてもらうためには、どうすればいいのか。 

答えは、かんたん。「他人のことを話す」。



これはふだん誰もがやっていることだと、森田さんは言っています

「他人のことを話す」?このあたりにものすごいヒントが・・・


次に続く





見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

自分をいじめないで 



スポンサードリンク

まずはポチットお願します人気blogランキングへ



いきなりですが、昨日から始まった

だんな風「自分を変える」ワークショップ

いきなりですが、以下の項目に思い当たるふしがあるかどうか、自問自答してみてください。




・言いたいことを、他人に上手に伝えられない
・すぐに言葉に詰まってしまう
・人前に立つと、とたんにドキドキする
・他人の目や反応が気になる
・特技も取り柄もない自分が嫌いだ

1つでも「イエス」があった人は、ぜひこの連載を読んでみてくださいね


きっと何か掴む事ができるかもしれません。


僕も一緒に変わっていきます。(笑)


「素人を4日で芸人に」するという内容は、

実は、今のマニュアル化した時代とはまったく逆の方向から

始まっています。

実はイッセイ尾形には天才演出家の森田雄三氏がずっとついているそうです。


森田氏とイッセイ尾形が見守るこのワークショップは、ビジネスパーソンにとって、自分の限界と思っていた壁を破るためのヒントに満ちています。


本屋に行くと自己啓発の本が山ほど並んでいます。

僕もたくさん読んできました。


しかし、4日で玄人化?するような内容には出会ったことがありません。

それはやはりこのワークショップの視点が少し違っているからでしょう



 短く言うなら、ありがちな「自分探し」とは正反対の「他人探し」の思想への気づきです。



「何かしゃべってみて」から始まる、出たとこ勝負な稽古の数々。ワークショップに参加しなくても実践できる「イッセー尾形のつくり方」見たいな
エッセンスを僕なりに伝えていきます。

別に芸人にならなくていいですよ(笑)

でも今までの自己啓発や「自分探し」「自己改革」とは少し視点が違います。

「他人を演じる」「他人になる」「他人を知る」そんな始点から見えてくる

自分の内面の変化


体験してみましょうね。


さて、前置きが長くなりました。


本題ですが、


よく私たちは人が集まると、自己紹介なるものをしますよね

自分の名前や、職業などなど

実は、これって、あんまり面白くない!

適当に聞いている人が多い。て言うかあんまり真剣に聞いていない。


さて、多くの人の前で、いきなりなんかしゃべって下さいって言われたら

まずほとんどの方が、詰まってしまうでしょう


そんな場面から始まるワークショップ。明日に続きます





見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

他人になる事 



スポンサードリンク

イッセー尾形をご存知ですか?

 テレビではあまり見かけません。本業は、独特の一人芝居で知られている役者さんです。その舞台の入場券は「プラチナチケット」とも言われています。

 彼の舞台は、いつもシンプルです。大きな白い板が背後に一枚、それとアクリルの椅子がポツンと一脚。たったそれだけの「何もない空間」。


そんな彼を僕は25年ぐらい前に知りました。

もっと前かもしれません。

その頃彼は、まだあまり知られていませんでした。


しかし、どんどん有名になっていきました。


彼は、「他人を演じるのがとても上手です」


「ふつうの人」たちの「ふつうの時間」を切り取り、その人たちになりかわっていきます。舞台上には彼ひとりしかいないのに、話しかけるときの間、所作から、まわりにいる人たちの受け答え、表情までが見えてくるのです。

はじめてみた時、背筋に戦慄が走りました(大げさ)

ただただ、面白かった!

でも、彼の演じる【普通の人】はとっても輝いています。

そんな彼が近年「イッセー尾形のつくり方」と題するワークショップをやっています。

それは演劇の素人たちを、わずか4日間の稽古で、芸人にしてしまうという

荒唐無稽のワークショップです。


行ってみたいっと思ったのですが、なんせ時間が取れない。

でも情報は今の時代取れます。


さて、このブログ「元気」がテーマです。

「元気」には内面からのパワーが必要です。

しかし、なかなか時間がかかって「元気」になれない事もあります。


わずか4日のワークショップで、まったくの素人が演劇ができるようになるのでしょうか?


自分を変えることから始まる、このワークショップ

興味のある方は、僕と一緒に勉強してみませんか?




次回に続く




見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

花を愛するのに植物学は不要 



スポンサードリンク

まずは久しぶりにポチットお願します人気blogランキングへ



な~んかかっこいいお題で始まった、久しぶりの日記

言いたいのは


「できることが増えるより、楽しめることが増えるのがいい人生」

とある本で見つけました。



んんん~そうかもしれない。



どうもお年寄りと話していると、似たようなことを言うので間違いないでしょう。


結局、人の価値は、「何ができるか」ではなく「何を楽しめるか」に

かかってくるのでしょう。


まあ今の時代、技術は発達していますから、「何ができるか」は大して意味もないかも知れませんね~



僕みたいにお気楽人間は、こういうことをすぐ考えてしまいますから

いいのか悪いのか・・・・


まあ、あらゆることに楽しみを見つけるのは、人間だけに許される

醍醐味かもしれませんよ~



よく自分には何のとりえもありません。なんていう方がいましたが

大体才能なんて、みんなあるようでない!ないようである!


いかに、ない才能をあるように磨いてきたか、

また、もともとある才能を、いつの間にかどっかに捨ててきたか

そんなもんでしょう。



人それぞれですよ。(笑)



しかし、人生を楽しんでいる人には、コレがどうも当てはまらないのですね~♪




コレが、お年寄りの言う

「何はできる」か、よりは「何を楽しむか」につながってくるのでしょうね。


「できることが増えるより、楽しめることが増えるのがいい人生」

この言葉少しは、心がときめくかな(笑)

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。