スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

夢と共に夢を生きる 



スポンサードリンク

 まずはポチットお願します人気blogランキングへ




「 日々の生活の中に夢があるのではなく

       夢の中に日々の生活がある 」

常に

 夢と共に
   夢を感じて
     夢を生きる


わすれちゃ~ならない言葉です。



忙しくしていないですか?

もっと楽しく生きていこうね!


年なんて関係ないですよ!

おかれている環境なんてまったく関係ないですよ!

夢の中に生きていると、どんどん変わっていきますよ。


なんてことありません。

やったらわかります。

騙されたと思って30日だけ、夢の中に生きてみて・・・



31日目には目の前の景色が変わって見えます。

もっと早いかも?

そんなことねえよっていう方、


いつまでもそう言っておいてください!


何も変わらないことも、悪い事ではありませんから(笑)




スポンサーサイト
見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

ピカソにみる生き様 



スポンサードリンク

まずはポチットお願します人気blogランキングへ


なぜかピカソの話の続き


ピカソは作風がめまぐるしく変化した画家として有名です。

それぞれの時期が「○○の時代」と呼ばれ、親しまれています。

圧倒的に自分の内面を画風に表しているので、よく色彩心理などで

使われたりします。

「ゴッホ」なんかも良く内面が現れている画家だと思いますが・・・

今日はピカソで





主なものはつぎの6つの時代がありました。


親友カサヘマスの自殺にショックを受け、青く暗い色調で軽業師、アルルカン、売春婦、乞食、芸術家などを描いた「青の時代」(1901-1904)。
ちょっとくらい風潮の絵がたくさんあります


フェルナンド・オリヴィエという恋人を得て、明るい色調でサーカスの芸人などを描いた「バラ色の時代」(1904-1907)。
もうこの時代はよほど幸せだったのでしょう。ピンクを良く使っています。


アフリカ彫刻の影響を強く受けた「アフリカ彫刻の時代」(1907-1908)。
ブラックと二人でキュビズムを突き詰めていった「分析的キュビズムの時代」(1909-1912)。
この頃から、画風一気に変わります。


コラージュ技法を発明した「総合的キュビズムの時代」(1912-1918)。


古典的でかつ量感のある母子像を描いた「新古典主義の時代」(1918-1925)。


guernica1937pradomadryt3bx.jpg



有名な「ゲルニカ」は、こんな時代の後の第二次世界大戦の中描かれています。

そして晩年、すべての画風を一まとめにしたような、絵を書き始め

亡くなる5年ぐらい前の

1968年、彼は347点におよぶエロティックな銅版画を制作しています。


多くの批評家がこれを「不能老人のポルノ幻想」、または「時代遅れの画家のとるにたらぬ絵」とみなしました。


長い間支持者の友人さえ、

「狂った老人の支離滅裂な落書き」と評しました。

時間がたってみると、晩年のピカソは、後の新表現主義を先取りしていたことに多くの人が、気づかされました。


ピカソは死ぬまで、時代を先取りする画家であり続けたのでしょう。

そして、老いても生きることのエネルギーを、自分から絵にぶつけていたのでしょう。


すべての経験を、1つの事に表せる感性!

ピカソの場合、絵だったのでしょう。


と、僕が解説しても始まりませんが・・・


さて、多くのみなさんは、このピカソに何か生きるヒントは

感じられるでしょうか?


何か1つの事に打ち込む事により、自分の姿が浮き彫りになる

そしてそれが、多くの人に影響を与えるようになる。


それは、たとえ身近な友達や、たった一人の恋人でもいいと思うのです。


良いも悪いも自分の生き様は、自分で決めていいのですよ


最近色の話が多いな~(笑)





見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

天才に目標はいらない 



スポンサードリンク


まずはポチットお願します人気blogランキングへ


天才に目標はいらない

自分の事ではありません(笑)

いや~サボっていますね~

超久しぶりのブログになります。

そこで、久しぶりなので、仕事の話を


では・・・



ゴルフにボールを入れるカップがなかったら、面白くも
なんともない、ボーリングにピンがなかったら、これまた
面白くない!!



 最終とする目標、ゴールがないと面白くないよね

 仕事やビジネスも同じでしょう

 目標やゴールがあるから達成感や喜びがあると思うのです。


●だから目標やゴールを決めておくといいですよ~

 それにより、成長度合いもわかる。



●でも、本当の天才は目標なんていらないそうです。

目標を作ってしまうとそれが天井になり、超えることを
しなくなる。



確かに、売上げ予算を達成すると、気を抜いてしまったり
スポーツでも目標数値が出ると、安心してしまったりという
のは、誰しも経験があるのではないでしょうか?


突然ですが、ピカソの話を



パブロ・ピカソ(1881年10月25日-1973年4月8日 92歳)は、
生涯に147,800点もの作品を残しました。

 計算すると1日日に4.4枚になるそうです。

すごい!


 147,800点 ÷ 92年 ÷ 365日 =4.4点/日

 ここまでの数値を目標設定してできるでしょうか?

 そうではないですよね



●本当の天才は、目標なんていらないということか?

 でも、僕は、凡人なので目標を立てねば(^O^)/ はは



参考)ピカソの生涯作品
・絵画・・・・・・・・・・・・・・ 13,500点
・版画・・・・・・・・・・・・・・100,000点
・本の挿絵・・・・・・・・・・ 34,000点
・彫塑、陶磁器・・・・・・・ 300点
合  計      147,800点

だそうです。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。