スポンサードリンク
-->

スポンサーサイト 



スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

学校の怪談 



スポンサードリンク

今日で夏休みが終わる。そこでどうしても今日中に言っておかないといけないことがある。
それは私がこの夏体験した恐怖の出来事である

本当に私が体験した恐怖である!

それは7月の終わり友人と時間を忘れて酒を飲み、ふと気づくと時計は日付が変わり1時30分を回っていた。「今日も仕事だ」と慌てて居酒屋を後にし
自宅の近くの小学校の駐車場へと急いだ。この日は小学校に用事があり、車をそこに止めていた。

駐車場は小学校の校庭と道路をはさんであり、私の車は一番道路側に止めていた。

早足で歩いたせいか、いつもより早く駐車場に着いた。車のドアのノブに手をかけたその時である。校庭のぶらんこの方から「カン・カン・カン」金属と金属がこすれて出る音が私の耳に入ってきた。その日は星もきれい出ていた蒸し暑い夜。風もほとんど感じない。

「誰かいるのかな」と私はブランコの方へ寄ってみた。


しかし誰もいない。「空耳かな」と車に戻って乗ろうとすると
「カン・カン・カン」再びである。
さすがにチョット恐い・・・
でも酔いも手伝って興味津々!

恐々ブランコによって行くと、そこには・・・


やはり、誰もいない。
ワオ

とんでもない。酔いはいっぺんに覚め、もうだめである。
恐い。恐ろしい。お化け。呪い。zzzzzzzzzz

もうドウでもいい!帰らなければ!慌てて車に乗ろうとしたその時である

カン・カンカンまただー!もう振り返る余裕は私にはなかった、マッハで家に帰った。

あれは一体何の音?酔いは覚めたが、やっぱり酔っていた。家に帰っておやすみ3秒だった。




最近小学校の校庭をボーっと見る機会があった。その時である

「カン・カン・カン」????

同じ音色。風が少しあった。真昼間。

どこ、どこ、どこだ?
「カン・カンカン」
あ・あそこ


国旗掲揚代

そう国旗掲揚代のロープとポールが風で擦れ合う音だった。
しかもなんと良い間隔で音を出す。
やられた。

私の恐怖の体験はこうして情けないオチがつきました。チャンチャン

失礼しました。

クリックしてね
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

似合う髪形って? 



スポンサードリンク

自分に似合う髪形ってわかっている人少ないと思います。

多くの方は好きな髪型が、結果的に似合っている場合が多いようです。

私たちの業界では「造形心理学」を利用して、ヘアースタイルを提案している

美容師がこの15年の間増えてきていると思います。

なぜ「造形心理学」が必要なのか。それは、美容師の仕事の中で大切な部分の

「感性」(センス)という形のないものを、人に伝えるときに、非常に役に立

つからです。又、デザインを創るのにも非常に役に立ちます。

ヘアースタイルというものは、ほとんどの方が、周りの方からの評価が、つい

て回ります。似合っているとか、かわいいとか、若くなったね、といろいる

その基準は十人十色。それぞれの好みで判断されます。

このあいまいな「好み」をある程度の基準というか規則に近いものに、変えら

れることができるのが、「造形学」でした。

造形学」は、本来さまざまな理論や技法が集大成された専門的な学問ですが、

われわれが利用しているのは、基本的な形の基礎理論と、形の持っている心理

作用です。少し堅い話になりますが、本来自由であるヘアースタイルという形

を、ある一定のルールに当てはめて、創作し、さらにそこから色々な味付けを

加えて個性的なスタイルへと変化させているのです。


 形にはそれぞれの形の持っている心理作用、つまり印象があります。

たとえば、丸は穏やか、三角は鋭い、といったように、その形から受ける印象

はそれぞれ違います。ヘアースタイルも1つの形である以上、印象を持ってい

ます。あなたもスタイルを選ぶときや注文する時に、「顔が小さく見えるよう

に」「かわいく」「大人っぽく」「スポーティに」など自分がこう見られたい

という思いが少なからず、あると思います。その思いを担当の美容師さんに、

伝えることも、自分に似合う髪形を見つける近道になるかも知れません。


造形心理学」だけでは到底、多種多様なスタイルを創ることはできませんが、専門知識としてしては必ず必要だと思います。
最近の「小顔ブーム」もこの事を無視しては創れません。

 次回は「自分に似合う髪形探し」Pert2「輪郭の補正」についてお伝えします。



無料レポートあなたに似合う髪型探し

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

「いけにえ」から石鹸は生まれた 



スポンサードリンク

元前1000年頃の古代ローマ時代、各地に神殿が建設され、いけにえが捧げられました。ローマのサポの丘では、いけにえの羊を焼いて神に捧げるのがならわしでした。

 燃やされた羊の脂肪分と木の灰が混ざり合って泥に染み込み、偶然に優れた
洗浄作用を持つ土ができたのが石鹸(脂肪酸とアルカリの塩)だったのです。


洗浄剤として重要な界面活性剤の誕生でした。
サポの丘(SAPO)の地名がソープ(SOAP)の語源になった言われています。


 時代はすぎて1世紀になると、今のフランスの辺りにいたガリア人が山羊の脂肪とブナの木灰から石鹸をつくりました。

 さらに7世紀頃になるとアラビア人が現在の石鹸の原型となる固形タイプに仕上げたと言われています。それがヨーロッパに伝わり、やがて工業的に生産されるようになりました。

ところで、この石鹸は鉄砲と一緒にポルトガル人によって伝えられたのを、ご存知でしょうか?それまでの日本の石鹸は、小豆の粉ぬか袋などを洗浄剤として使っていたようです。

さらに時代をさかのぼると、古事記や万葉集にはサカイチと呼ばれるマメ科の植物が使われたとあります。これらの洗浄成分はサポニンが主成分。なおかつ、天然の界面活性剤であると同時に生理活性作用や保湿作用があり、大変ぜいたくなものを使っていたのです。

ヨーロッパの諸民族が狩猟民族であったために動物性の油脂から石鹸をつくったのに対し、農耕民族の日本人は植物性の洗浄剤を生活の中に活用してきました。ケミカルの世界にも狩猟民族と農耕民族の違いが現れています。
                   [参考資料 しんびようマンセル]         
へぇー
クリックしてね
人気blogランキングへ  

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

人生は3秒でかわる? 



スポンサードリンク

その昔よく本を読んだ。

ビジネス書から自己啓発。精神世界から超能力まで

あげくの果てには書いてることさえよくわからない

近代サイエンスから宇宙の法則まで。

1ケ月に40冊から50冊。ほとんど中毒状態

何がそうさせたのか。今思えば、とても不安だったのかもしれない。

最近はインターネットの普及でもっぱらメルマガによる情報収集。

そんな多くのメルマガ中から知ったとっても素敵なセラピスト

多くの皆さんにぜひ知って欲しいと思います。

その方は ”ひすい こたろう”さん

「一瞬で人生を変えることはできるのか?」できるとしたら、それは言葉だと思う。

と、彼は言います。その言葉の意味を毎日午前0時におくられてくるメールによって私は教えてもらっています。

単純明快かつ繊細。そしてユーモア。短い言葉の中に、今日を元気に過ごす

エッセンスがいっぱいです。本にもなりました。お勧めです。





クリックしてね
人気blogランキングへ

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

天気の悪口 



スポンサードリンク

最近夏の日差しが少し和らいできた。

重たく空にかぶさる雲をみていると

不思議なもので、あの照り付けていた、日差しが懐かしい

ふと私の好きな物の見方の天才小林正観さんの言葉を思い出した

以下は正観さんの言葉である。

 「寒いので暖房を強めてくれませんか」と言うのは、コミニュケーションと
 しての言葉ですが、「朝起きて、わあ、寒い」と言うのは、”天気の悪口” です。「今日は天気が悪いわね」「寒いね」「暑いね」という言葉は、
 客観的事実を述べただけだ、と言う人がいます。しかし本当に沿うでしょう か。「天気に良いも悪いもなく、そう思う心があるだけ」というのが
 客観的事実というのです。

天気に良いも悪いもない、そう思う心があるだけ。

私には、心にしみる言葉です。

意外と多くの人は、「天気の悪口」を言うと思います。

私もその一人でした。でもやめましたよ。

だって、悪口言うより、感謝の言葉を言ったほうが、何かいいことがあるよう

な気がしてならないからです。


 目の前に起こる現象は「ゼロ」 幸も不幸もそう思う心があるだけと
 
 天気がよければ洗濯物がよく乾いていいし、雨が降れば畑も草花も潤う

 紫外線が強いこの時期むしろ雨の日のほうがいいのかもしれない。
 
 そんな簡単なところから、自分の物の見方考え方に変化を・・・・


クリックしてね
人気blogランキングへ



見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

もっともっと髪の話をしよう 



スポンサードリンク

美容室は、髪という素材を通して、美容師とお客様が一緒ににスタイルをつくる空間です。髪の状態も。

求めるスタイルも、ライフスタイルも、皆違います。その様な、十人十色のお客様たちの出会いの中で、

多くのことを学びました。そして今でも学び続けています。


私は、美容を通して、たくさんの人と知り合い、多くの人との別れも経験させていただいています。

美容師とお客様という関係はヘアーをデザインする上では、五分五分だというのが、私の思うところです。

お互いが信頼しあえないと、いいものが出来ないと、経験上感じています。

「その人にあったその人だけのヘアースタイル」 言葉ではカンタンにいえるのですが、なかなかすぐ

出来るものではありません。

そこには、「時間」という、どうしようもないものが存在します。デザインを創ることに失敗すれば、私たちには

その後のお客様のとの時間はありません。少しでも要望に近づけたなら、その後の時間を与えられます。

時間をかけなければわからないことが、多くあります。

その「時間」を希望や、楽しみに変える事が仕事だと最近気がつきました。

ただ単に髪型を美しく創ることだけではなく、もっと心が元気になるような、

ヘアーデザイナーになるのが私の目指す姿になりました。


今、デザインが多種多様になっています。今まで多くのデザインは、髪の健康とは対極に位置していました。

でも髪の毛は生きています。不健康な髪に美しいデザインは出来ません。

そのことに、多くの女性が気がつきはじめました。

デザインを求めると髪の毛が傷んでいく時代が長く続きました。でも今はデザインと髪の健康が

同時に手に入る時代に入っていっています。

「温故知新」よりも「温故加新」

よい伝統に新しいものを加えていく、このブログででそんなことも伝えられたらいいなと、思います


クリックしてね
人気blogランキングへ

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

ネガティブおいちゃん 



スポンサードリンク

都会とは程遠い田舎町にある、わが店は、
まわりに古くからのお店はあるものの
最近では隣町の開発が活発で、少しさびれた感じもする。
そんな町のJR駅の名と言えば、今の時代には見ることのできないような国宝級である。

そんな駅前の一等地?に古い一軒家を借り、夏は強い西日を浴び
冬は地の底から寒さがしみる、季節感あふれる場所で、そんなことは
気にしないありがたーいお客様にめぐまれ、日々忙しく 楽しく過ごしている。

店内からは外の景色がすべて見え、行き交う人々が見渡せ、飽きのこない時間がすぎる。

ある日、ひとりのおいちゃんに目を奪われた。スーパーのレジ袋を下げていた。

おいちゃんの似顔絵公開


1124932716_193jp.gif



突然に

 店の扉が開き出会いは突然やってきた

おいちゃん 「うちの女房はおるか」

新規開店まもない店内。お客の顔さえもまだ真新しい、知らんおいさんの女房なんか
わかるわけないやろう(怒)

おいちゃん 「昨日からパーマ屋にいって帰ってこん√」

スタッフ  「き・き・きのう∂」

長く美容師をやっているが、昨日からパーマに行って帰ってこないおばちゃんなんか
聞いたこねえぞ”

 おいちゃんは怒ってた。ものすごく怖かった。片手のレジ袋を除けば。

女房は結局来ておらず、「何でこの店にこんのかのう」 とうれしいセリフを残し
店を出ていた。
心なしか後姿に哀愁が漂っていた。(涙)

次の朝一番 
「まだ帰ってこん√」 
その声は震えていた。

昨日の怖い顔から焦りにも似た顔つきになっていた。
そしておいちゃんの、長い呪恐のようなネガティブな人生を語り始めた。

店内のお客を気にする様子はまったくなく、暗くつらい人生を、自分の娘
よりはおそらく若いであろう、スタッフに・・・

片手にはやはりレジ袋が下がっていた。


今もおいちゃんは、店の前を日に4回以上顔をみせる。
おいちゃんはすごい。年中無休である。雨の日も風の日も嵐にも負けずである。
まるで平成の宮沢賢治である。
おいちゃんは、すべてにおいて愚痴る。そしておいちゃんは絶対帽子をかぶっている。

おいちゃんはマイナス思考の天才である。ココまで貫ける人は世界中今の時代少ないだろう。
何よりおいちゃんは、天才ゆえに妙に明るい。根暗さがない。凡人と違うところだろう。
そしてさらにすごいところは、マイナス思考を気が付いていないところだ。
ココまで来るにはよほどつらいことの連続だったに違いない。(笑)

おいちゃんは今日も店の前を歩いてくる
出会って9年たった今でも片手にはレジ袋が下がっている。  

 
クリックしてね
人気blogランキングへ



見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
-->

季節を感じて 



スポンサードリンク

最近、空を見ましたか?

暑い頃は近くに感じていた空が、遠くなると秋を感じはじめ

山々は黄色、赤へと変化していく。

やがて空気が鼻にツンと感じると同時に身震いする冬の訪れとなる。

冬の夜空は星が鮮やかに存在感を出している。

季節感というのは、人それぞれのとらえ方があり、冬を寂しく感じる人もいれば

ワクワクするという人もいる。

やがて澄み切った空に春の日差しを感じる頃、吹く風にほっわと暖かさを覚える。

黄色からピンクに変わった田んぼには、レンゲが一面にじゅうたんのように広がる。

「そろそろ春色のリップにしようかな」「春色に着替えないと・・・」気持ちが動かされてくる。

そう春の到来です。

私達が住む日本には四季がある。四季を肌で感じ、目で見届ける。

四季折々の行事があり、コンスタントにスケジュールされる中で動いている。

こんなに幸せな環境の中で、あなたは最近、何を感じましたか?

心に感じる、心を動かすのが感動であれば、その感じる(着信する)アンテナが

小さい、大きいによって、

それをとらえて表現する感受性が違ってくるのかもしれない。




デジタル化が進み、口での会話から文字での会話になり、

感情豊かに表現することや、表情で表すこと・・・
                                    

 つまり心からの会話がなくなったせいか、世の中は寂しく、残念な事件が、

 特にデジタルが得意な若年層に多くなっている気がする、

 「ありがとう」という感謝を表すことすら、メールで終わらせていないだろうか。

 私たちの業界では感性磨こうと映画や絵画を見に行くことも必要と言われる。

 ただそれを感じて、心を動かし、表現できなければ満足感だけで終わり、

 もしかしたらお金の無駄なのかもしれない。



四季にまつわる行事や、空、花、空気・・・そんな身近なところにもアンテナをはり、

忙しく時間が過ぎる今の時代だからこそアナログな暖かなメッセージを送れた

らいい、と思ってます。

この小さなつぶやきが皆様に届く頃にはおそらく秋の兆しを感じる頃でしょう。


クリックしてね
人気blogランキングへ

見てきて下さいね♪素敵なブロガーさん達

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。